忍者ブログ
ウネウネスリーツーワン 全てフィクションです。 相互リンクを、募集してみたり.... nixi(ニクシィ)やってます。リンクからどぞ。
[1] [2] [3] [4] [5]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

拍手する

 「そばにいるよ」

こんな言葉を異性に囁かれたらあなたはどうしますか?

例えば、あなたが仮に高校1年生女子だとしましょう。ついでに、私のように美少女だという設定も付け加えときましょ。

----

ある日の帰り道。日は落ちきりあたりは暗く街頭の光だけを頼りに歩く影が一つ。
「あぁ、また遅くなっちゃった……」
トメ子はあたりの静けさを紛らわすように嘆いた。
高校に入っての初めての文化祭。実行委員のトメ子は連日下校時刻ギリギリまで居残り作業を続けていたものの、それ自体が苦になることは無かった。あこがれの先輩、ヨネ雄も実行委員長だと知った時には天にも昇る気分だったし、ヨネ雄がメンバーに指示をする姿を間近で見ることのできる居残り時間は、トメ子にとって正に至福のひとときであった。

しかし、この帰り道だけが悩みの種であった。居残り初日から続く何ともいえない違和感を感じていた。自分の足音に重なるように聞こえる足音が今日は、いつもにもまして近くに感じる。

「早く帰ろう」
トメ子は、自分を励ますように誰に言うでもなく嘆き歩みを速めた。

しばらくして、トメ子は言いようのない恐怖を感じ始めていた。重なる足音は聞こえ続けている。早歩きが小走りになり、今では全力疾走に近い。それなのにきこえつづけているのだ。

どれだけ走っただろう。はぁはぁと上がる息を必死に堪えようとするものの、耐えられずトメ子の歩みは先ほどの光景を逆回ししているかのように歩みが遅くなる。
(家まであと少し。早く)

――っっ!!

トメ子の口元に手が回される。汗ばみゴツゴツした男の手だった。悲鳴を上げようとしたトメ子の口に舌を押さえつけるよう指が無理矢理進入する。その感覚に思わず嗚咽するトメ子だが、背後に絶つ男はその様子にも歓喜の念を示しているのか、荒い息づかいの中にも気味の悪い笑いが入り交じる。
トメ子早鐘の様になる動悸を感じながら必死に男の手から抜け出そうとするも、それは叶わなかった。

「誰か助けて……」

トメ子が声にならない声を上げた瞬間何かを殴る音が聞こえたかと思うと体が解放された。

くずれ落ちる男の姿を見ながら、逃げなくちゃと思う心とは裏腹に、恐怖でその場にへたり込むトメ子に一つの影が近寄る。

「トメ子ちゃん。追いかけてきて良かった」
聞き覚えのある声にはっと顔をあげる。其処にはヨネ雄が立っていた。
「山田が毎日トメ子ちゃんの後を追って歩いてるのは知ってたんだ。あいつん家逆の方向なのに。なんか変だと思って俺も追いかけてみて良かったよ。水筒ってこういう時にも役立つのな」
角のつぶれた水筒を見せながら笑顔で手をさしのべるヨネ雄をトメ子は涙でグシャグシャになった顔で見つめる。

そんな様子を見たヨネ雄は急に神妙な顔をして言葉を続ける。

「怖かったよな。俺がもっと早く動いてれば……。これからは、俺がちゃんと守るから。ずっとそばにいるよ」

「ヨネ雄先輩……」

ベロベロ
-----

みたいなね。うっかり、ヨネ雄がこなかったら山田END。美少女じゃなければ山田にも言われません。

と、まぁ長々語りましたが、最近、私カマキリに好かれてましてね、カマキリに「そばにいるよ」宣言されちゃってます。人間ですらない。
ここ2ヶ月間、忘れた頃に自転車にカマキリついてる。私の家って割と自然に囲まれてるんですよ。だから、家に止めててついちゃうのはあきらめますけど、駅の駐輪場で大量にある自転車の中であえて私の自転車を選んでくっついてるのは意味が分からない。

この前なんて、ハンドルの裏がなんかブヨブヨしてんなぁってさわってたんですよ。塗装はげてきたかなって思ってのぞき込んだらカマキリの卵ついてましたからね。枝じゃねーよ。これ人工物だよ。
カマキリタンは大自然の一部とおもちゃったかぁ。アチャー(ノ∀`)
マイナスドライバーで接合部分叩いたらとれたんで、遠くに投げて事なき終えましたが、うっかり指で突き破ってたらと思うとゾワゾワです。私こういうの弱いのでチキンハダたちまくりです。
さらに自分のチキンハダがきもくて、それに反応してさらにチキンハダが悪化する始末。もう何に反応してんだか分かったもんじゃない。自分、鶏肉なのかと思った。飛べない鳥はただの鶏だ(ペンンギンって事もあり得る)。

ってもう何が言いたいんだかわかんないですけど、このままではクリスマスをカマキリとシャンパンで乾杯することもあり得る。カマキリの野郎がチキン食べたいとかぬかしたら、自分の腕を差し出す。其処には、おいしそうなチキンハダが・・これぞ究極の愛の形!!みたいなね。

とか考えながらチャリンコこいでたら信号をおもいっきり無視っちゃいましてね、危うく事故りそうになりました。うっかり輪廻転生して、カマキリと愛を語らう来世が見え隠れしましたがなんとか踏みとどまれました。あぶねーあぶねー。

PR
拍手する
 出会いがあれば別れがある。

どんなに仲の良い友達ともいずれ別れの時がくる。時期の早い遅いはありますが、いつか、確実にその時は訪れます。大切な彼女とも、あなたを慰めてくれるペットとも、生まれたときからずっといるのが当たり前だった家族とも・・・。それは、変わることのない平等な事実です。
それが分かっているからこそ、別れの時が近づくと人は少しでも良い別れにしようと心血を注ぐのではないでしょうか。また、会えることを願いながら・・・。

先日、私がダイエット始めたとき、毎日馬のように食べてたチョコレート(固形で黒く甘い通称、チョコと呼ばれる物体)を絶ったんですけどね、別れがつらすぎてつらすぎてしょうがないんで、いっそ嫌いになろうと鬼のように食べまくりましたら、見事チョコを食べて熱を出すっていう謎な事態に陥りました。

二日間ほどゲロゲロと(Tシャツにカエルくっつけた方に「お前はカエルか」と、ツッコミ入れられそうな)擬音だしてましてね。体全体が拒否してました。チョコのとりすぎダメ、絶対!!

でまぁ、そのおかげで食欲が撃退!!チョコで激しく胸焼け!!って感じでダイエットには成功しまして、しばらくは顔も見たくない☆的に乙女な空気でチョコを嫌っていましたが、ふと会いたくなる。そこで、感動の再会ですよ。この、再会が感動になるかは、別れ方しだいなわけですよ。これは言わなくても分かりますよね。

そして今現在、再会(再食)、生活を共にし(再習慣化)、また別れる(再太)という不毛な時を繰り返しておりますが、それはまた、別の話。

で、前置きがながくなり過ぎてしまいましたが、私、思ったんですよ。男女の別れってこれに似てるなって。いや、皆さんお前のカエルと一緒にすんなよってお怒りでいらっしゃるかと思いますが、待ってください。

 先日、私の友人のYさんが彼氏さんと別れてました。まぁそれはいいんですけどね、私、彼女が別れた時期を正確に把握してなかったもんですから、うっかり口を滑らせましてね、先週女の子と歩いてたのはそのせいかーみたいなことをツルッツルッ言ってたら、それが地雷。

その時はまだ付き合ってたらしいんですよね。で、このYさん見た目は大層小さくて可愛らしい方なんですが、怒ると、お前、山姥伝説の元ネタなんじゃねぇのって言いたくなるほど怖い。でまぁ、その数々の山姥伝説の中でも最恐なくらい激怒してましてね、食堂でいきなり「ブルァァァァァ」とか叫び出すじゃないですか。アナゴさんがノり移ったのかと思った。

で、修羅場ですよ。彼女そのまま彼氏の家まで乗り込んでました。「夫婦喧嘩は犬も食わぬ」っていうじゃないですか。私も痴話喧嘩なんて心底食べたくなかったんですけど、証人だからという理由で半ば強引に連れて行かれました。断ったら、私が食われるんですもん。山姥に。

で、いざ彼氏さん宅についたら運が良いんだか悪いんだか、彼氏さんと女性Aさんがご在宅中でして、お決まりの修羅場勃発ですよ。

修羅場開始そうそう、ヒートアップする会場の皆さんを宥めたんですが満場一致で、関係ないのに話に入ってくるなと、総スカンをくらいましてね、思いっきり蚊帳の外なんで、どうしよもなくヘラヘラしてたらAさんの気に障ったらしく

「お前が変なこと言うからこんなことになったんだろう!!」

と、ビンタされましてね、私がそれに対してマジ泣きするという、会場の皆さんに知らされてないドッキリのおかげで会場ドン引き、修羅場も収束したんですが、まぁこの間は大して関係ないので割愛します。

で、Yさん彼氏さんのどっちつかずの態度に激怒し、「顔も見たくない!!」なんて乙女チックな発言してましたがね、

しばらくしたら、どこがどうなったのか復縁してましてね、それから二週間というスピード破局。

私はといえば、Yさんがお詫びにと渡してくれた板チョコを食べながらしみじみとその光景を眺めていました。

男女の別れと、食物との別れ、一見関係のない両者の間にただならぬ相似があることがおわかりになるかと思いますが、いかがでしょうか。
拍手する
ほら、私って心優しい人間じゃないですか。

今日電車乗ったんですよ。そしたら結構な混み具合だったんですけどね、普段の行いがいいから、いつも割と早く座れるんですよ、私。まぁ、それは別にいいんですけどね。

で、ヘラヘラ座ってたんですよ。就業戦士サラリーマンをぼけーっとみながら、ヘラヘラヘーラヘラ座ってたんですけどね、ちょっと目線ずらしたらなんかお爺さん立ってるわけです。ヘラヘラしてる私とは対照的にこのお爺さんフラフラしてらっしゃる。これは、席を譲らざるをえないと思って爽やかに席を立つ私。

でも、ほら私謙虚な人間じゃないですか。お爺さんにお礼とか言われた日にゃあ恥ずかしくて次の駅で降りなくちゃいけなくなっちゃう。だから、サッと立ってサッと隣のドアまで移動したんですよ。サッサッってね。ホントスマート。自分ヨーロッパ紳士なのかと思いました。

で、満足気に振り返ったらですね、私のスマートさに惚れた女学生みたいに頬染めて座る爺さんがいるはずじゃないですか。もしかしたら、生涯この恩を忘れないで莫大な遺産とか残してくれるかもしれない。

そしたら未だに信じられないんですけどね、なんかサラリーマン戦士が座っちゃってるんですよね。目線ずらすとお爺さん立ったまんまなんです。
おいおいおい。お前じゃないよ!!って、とりあえず心の中で叫んでみたんですけど効果無し。そりゃ心の中で言ってるだけじゃ伝わらないよなってことでしょうがないから見つめたんですよ。ホントに。この思いとどけー☆みたいなーかんじ?
でね、サラリーマンに穴があくんじゃないかってくらい見つめたんですけど、全然効果ない。カレ、ずいぶんとニブチンでいらっしゃる。こんな事じゃ、職場の由佳ちゃんの気持ちにも気づいてあげられてないんじゃないでしょうか。

で、しょうがないから私ビシッと注意しにもどったんですよ。

ウメ「あのーえーと、その席ーそのー」
サラ「はい?」
「ほら、あのー私ーすわってたじゃないですかー」
「そうですね。今は私がすわってますが?」
「そうなんですけどね。あのー私が何で立ったのかといいますとー」
「なんですか?はっきりしてください」
「あのーおじーさんがですねーえー」

って、サラリーマンに説教してたんですよ。もう、サラリーマンタジタジ。あちゃー変なのに絡まれちゃったよ、みたいな顔してんの。私、電車でマジ泣きするかと思った。だってすごく気まずい空気が流れてるんですもん。色で表すなら、サーモンピンクの腐ったのみたいな感じの空気がでてるんですよね。

で、私がこんなに苦労してんのにそもそも爺さん何やってんだと後ろ向いたらお爺さん若い女性にお礼言いながら席譲ってもらってるんですよ。

チクショウ!!許せない!!

ブログランク
http://xgr.jp/s.php?o=blog1&s=uneune321
拍手する

人間というものは生来、秘密を持つ生き物だといえます。男も女もミステリアスって事だけで魅力的に見えるもんです。(漫画やアニメのキャラなんて学校で寝てれば寝てるだけモテる。)
他には、犬、さる、キジ、鬼、桃太郎なんかも秘密を持っている生き物だといえるでしょう。

特に、桃太郎は数多くの秘密を持っていると考えられます。そもそも上記の中で一番怪しい。

犬も猿もキジも人語を話すというかなり奇っ怪な、もうそれだけでも8ページの本一冊書けちゃいそうな奇妙奇天烈なことがおこってますが、そこは昔話ってことで目をつぶりましょう。
鬼もかなり危ういですが、金属バット振り回す外人さんだということで納得しておきましょう。そりゃ人間、努力すれば赤だの青だのなれないこともないと思いますしね(事実として、鬼は外人だったとみる学者もいるそうです)。

で、何が言いたいかっていいますと(桃太郎伝説の中で詳しくはふれられていませんので推測の域を脱し得ませんが)「彼らは高い確率で親と似ている姿をしている」ってことですよ。
でも、ちょっと桃太郎を見てください。

尻の形した果物から生まれていますよ、カレ。

彼の出生には大きな秘密が隠されているんでしょうが、秘密ってものは隠したいからできるんです。それを暴くってのは人の道的にどうかと思うんで深くは追求しないでおきますが、桃太郎伝説自体カレの手の平の上で転がされている出来事なのかとさえ思えてまいります。

さて、今日のメインは先日2ちゃんねるでお題をいただき速攻で書いた小説です。何気に人生初小説だったりもします。
で、この小説そのままココにコピペしようとしたら、改行からなにから全部なくなりましてね、プレビュー画面中、切れ目なく文字の海。
お経でもはじまったかと思った。

問題解決するまで、魔法のiらんど経由でご覧下さい。

http://ip.tosp.co.jp/BK/TosBK100.asp?I=uneune321&BookId=1


拍手する

わたくし、本日21歳になりまして順調に大人の階段をのぼっております。歳をとるということ自体はあまりうれしいことではなくなってきましたが、いくつになっても人から祝っていただくのは嬉しいことです。

祝ってくれた方々に頭を下げ、祝ってくれているのかどうかいまいちわからない方々にも一応頭を下げ、私の誕生日なんかすっかり忘れてる(仲の良い友人)、もしくは知らない方々(犬、電柱など)にも頭を下げる一日でした。

こうして書くと私は礼儀正しく、謙虚な人間に見えるかと思いますが、その通りです。
しかし、今まで生きていた中でそのような正当な評価を受けることは少なく、卑屈である、礼儀を知らない、デブだ、短足だなどといった不当な評価ばかりです。これではいけないと、奮起一番ちょっと態度を改めようと思いまして、道行く人にお辞儀と挨拶を繰り返し、あまつさえ、ポケットティッシュまで配る有様。しかも時給800円。

とまぁ、一日中頭を下げすぎて自分はダンシングフラワーなんじゃないか、友人のHさんの前世は赤ベコなんじゃないかと思うわけですよ。このHさん、女性の方なんですが恰幅もよく大変良い方なんですが、どことなく牛に似ていらっしゃる。本当に彼女をみていると牛を彷彿させる。そんな彼女が「おいしい、おいしい」と焼き肉定食を食べているところを見ていると、自分が今までどれだけ母や父に迷惑をかけたのか、どれだけの骨肉を削る思いをして私をここまで育ててくれたのか、さすがの私も親、兄弟、親族を食べたりしないぞ!!と思うこと多く、ほろりと涙が出そうになります。
しかし、私も大人になっているわけですから人前で涙を流すわけにはいきません。事実、最近私が涙を流したのは、またごうとしたガードレールに脛をしたたかに打ち付けた時だけです。アレは、痛かった。

ところで、話をもどしますが、このHさんの食べる焼き肉定食は実にうまそうな臭いを放っているわけですよ。
で、私とHさんはなかなか親しい友人でもあり、しかも今日は私の誕生日なわけです。ここまでそろったら私の口からでる言葉は一つな訳です。

ウメ「それちょっt「やだ」

もうね、なんなのかと。日々謙虚に礼儀正しく生きている私に、肉の一切れさえ恵んでくれない。そういえば、この前こいつの一口ちょうだいでスパゲッティの1/3が減ったことがあったぞとか色々思い出すわけですよ。

ちょっと、お前おもてへでろと、行ってやりたいんですけど牛相手に勝てるわけがない。しかも相手は、親兄弟まで食べつくす肉食の牛です。もう牛だか、バッファローだかゾウガメだかわかったもんじゃないです。

そんな相手とバトルして命を終えるのもアホらしいので、私もお昼を買おうとおもいましてね。いざ売り場を見るんですが、普段昼ご飯を食べないもんですから、食欲はないわけですよ。
どうしたものかとウロウロしていたところ、ケーキが一切れ売ってるんですよ。「チーズケーキ!!君に決めた!!」的ノリで席に戻ったのはいいんですが、なんて言うか生理的現象がおこりましてね、ほんの数分席をあけたわけですよ。で、まぁ爽やかに席に戻った私の目には今其処にあったはずのチーズケーキの薄さが1/2になってるんですよね。んで、ちょっと目線をずらすと満足気な牛がいるんですよ。おい、この牛はケーキまで食うのかと、それでばれないと思っているのかと激情に狂わされそうになりましたが、しかし、人は支え合って生きています。このHさんもいつか私に焼き肉定食を分けてくれるかもしれません。私は黙って残りのケーキを食べることにしました。(隙あらば私まで食うんじゃないかと恐怖で声がでなくなったことも事実です。

「与えなさい。痛みを感じるまでは」と説いたのはマザー・テレサですが、このようなことから、私はマザー・テレサなのではないかと最近思う次第でございます。

拍手する
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
ウメコ
年齢:
30
性別:
女性
誕生日:
1986/11/22
ブログ内検索
最新コメント
[05/31 Ν]
[07/25 七不思議]
[07/21 y]
[05/30 七不思議]
[05/25 七不思議]
感想などお気軽に
カウンター
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © ウネウネ321 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]