忍者ブログ
ウネウネスリーツーワン 全てフィクションです。 相互リンクを、募集してみたり.... nixi(ニクシィ)やってます。リンクからどぞ。
[27] [25] [23] [22] [21] [20]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

拍手する
 綾子は、気づいていた。
その視線に。
数日前から執拗に向けられる視線。

磨かれたエレベーターの扉、棚に並べてある調味料、ふと横を見たときに目に入る窓ガラス。

覗く瞳は、ただ綾子を見つめ続ける。
感情のないうつろな視線。

停車したバイクのサイドミラー、銀色のスプーン、電気のおちた携帯電話の画面。

視線を交えることは出来ない。視線の元にあるあるモノを見ることは出来ない。
その視線は、ほんの一瞬の間だけ綾子を捉える。

綾子は、小さく溜息をついた。

「気にしてもしょうがない」

小さく声に出すと幾分か気が楽になる。
幼い初恋の時、好いた少年が、いつも一瞬だけ目が合うと、気恥ずかしげにそらす彼が、私のことをいつも見ているのだと感じていた。
それはただの思いこみで、自分が彼を見つめていただけだと、懐かしい夕焼けの校舎裏で気づかされるまで私は、彼の視線を感じ続けていたのだ。

今度の視線も結局の所、私の気のせいなのかもしれない。
本当に視線が存在しても、私が見ようとするから、ソレも私を見ようとするのかもしれない。・・・・・・あの時の彼のように。

綾子は、鏡に向かって大げさに満面の笑みを浮かべる。今日は、思いっきりお洒落をして、街に出よう。ほしかった服を買って、話題のイタリアンを食べよう。
きっと良い気分転換になるだろう。

街を歩く綾子。

街角のウィンドウに目をやる。
お気に入りの服に身を包んだ自分が写る。やっぱり、今日はこの服で正解だった。颯爽と歩く自分に満足げな表情を浮かべ、視線を前に戻す。

後ろで小さく女の叫び声がした。後ろを振り返ろうかと一瞬迷ったが、やめることにした。大方、道路のくぼみにつまずきでもしたのだろう。なにより、今日は人に構ってなどいられない。自分のために過ごす一日なのだ。

綾子は、点滅しはじめた信号に気づき、足早に去っていった。

「ちょっとどうしたの、いおり?虫でもいた?」

綾子の後ろを歩いていた女が声をかけると、いおりと呼ばれた少女は、息を詰まらせるように話し始める。

「いまさ・・・・・・前を歩いてた人いたじゃない。」

「うん。それがどうしたの?」

「ウィンドウに写ってたよね?」

「さぁ?見てないけど・・・・・ここ歩いてたなら写るんじゃない?どうしたのよ。ズボンのチャックでも空いてた?」

「ん・・・・・・なんかさ・・・ウィンドウに写った姿がさ、一瞬遅れたみたいに動いた気がして・・・・・・」

話を聞いた女が軽快に笑う。

「そんなことあるわけないじゃない。怪談には時期ずれすぎでしょ。」

曖昧な笑顔を見せるいおりの手をもどかしそうに引く。

「あ、あのコートかわいい!あの店いこ!!」

いおりは、行くからひっぱらないでと、声を上げながらチラリとバックの金具を見た。
一瞬だけ、視線を感じたような気がして・・・・・・

覗き見る影 終



ブログランクーモーラ

http://moora.mobi/index.php?act=in&s=7a601e89ac86f44e5392
PR
拍手する
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
http://themask-of-thehorse.cocolog-nifty.com/the_mask_of_the_horse/

よろ
Ν URL 2009/05/31(Sun) 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
ウメコ
年齢:
30
性別:
女性
誕生日:
1986/11/22
ブログ内検索
最新コメント
[05/31 Ν]
[07/25 七不思議]
[07/21 y]
[05/30 七不思議]
[05/25 七不思議]
感想などお気軽に
カウンター
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © ウネウネ321 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]