忍者ブログ
ウネウネスリーツーワン 全てフィクションです。 相互リンクを、募集してみたり.... nixi(ニクシィ)やってます。リンクからどぞ。
[1] [2] [3]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

拍手する

 先日、あまりに急いでいたため、社会のルールを破り、駅前に駐輪する私。

反逆のヒーローウメコ!!かっこいい!!ってね。

こういう事書くと、「あ、また犯罪ばらしてる馬鹿なやつがいるな」とか、「ちょっとこらしめてやるか」と、こう思う方もいると思うんですけど、いやもう、迷惑極まりなくて申し訳ない。平身低頭であやまりまくるしかないですけど、まぁ、世の中うまくできてますね。

悪いことは出来ないモノで、違法駐輪は、問答無用で強制撤去ですよ。
で、撤去されたことある人は知ってると思うんですけど、強制撤去されると「撤去しましたよ」ってなお知らせが書いてある紙が地面に貼り付けてあるんですよ。

それみて脱力してる私にマックの店員が、小さい紙コップに入ってるアイスコーヒー勧めてくるわけですよ。何事かと思ったら、キャンペーン中で仕事帰りの人にコーヒー振る舞うみたいなことしてるらしいんですよ。とりあえず、空気よめ。

で、そんなことはどうでもいいんですが、いやホント、あまりにもシカトされ続けるマックの店員に哀愁を観じて、思わずもらうも、コーヒー飲めなくて処理に困ったとかどうでもいいんですが、自転車撤去されたからには、取りに行かなきゃならないんですよ。

一駅はなれた一時保管所ってのが意外と遠いんですが、行きはバスで優雅に移動ですよ。 問題は帰りでしてね、行きの優雅さとはかけ離れて、気持ち悪いほどハァハァしながらチャリンコ走らせてたんですよ。なぜだか知らないんですが、山上るんですよ。で、やっぱり、上ったら下るわけですよ。

初夏を思わせる気温と、ほんの少し気になる湿気。
まとわりつくシャツの袖をまくり、ウメコは勢いよく地面を蹴った。
車輪は、次第にスピードをまし、軽やかに音を立てる。肌に感じる風はここちよく、少しづつ、自分が空気に、風にとけ込んでるかのような気分にさせる。
上がりすぎたスピードを、ゆるめるためにブレーキを握ると、不快な音が立つ。激しく悲鳴を上げる自転車に、爽やかな空気は切り裂かれ、夢心地から我に返る。

道、まちがえたぁぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・・・・・・・orz

下ったばかりの道を上る。隠すことの出来ない先程より荒い息に、道行くおばさんは、畏敬の念を感じたのか道を譲ります。いや、もうね、一時保管所で罰金1500円払ったと思ったら、移動費って領収書だったりしたこととかどうでもよくなりましたね。「移動しなくて良いのに」って、思わずにはいられないとかどうでも良いですよ。

二度と違法駐輪はしないと堅く誓いましたね、私。違法駐輪は、立派な犯罪。ルールを守って住みよい社会。とか、標語を思い浮かべながら歩く私も、ついに最寄り駅に到着。給水所さながら笑顔で、コーヒーを差し出すマクドナルド店員。ぶん殴りそうになったし。割と、本気な感じで。

  ブログランクーモーラ



http://moora.mobi/index.php?act=in&s=7a601e89ac86f44e5392



PR
拍手する

 「人生は、見た目九割」
誰が言ったか知りませんが、この言葉、かなり真理をついていると思うんですよね。いや、まぁなんでって私が見た目のおかげで得しまくってるからなんですけど^^テヘ。

そりゃもちろん生まれた時から綺麗なことに超したことはないですが、皆さん案外努力で見た目を勝ち取ってるんですよね。なので、この先は、努力次第でどうにでもなるんだって事を念頭に置いて読んでほしいんですが、

とくに女性ってのは、見た目でかなり変わります。「そんなことない!!」って、騒ぐ方もいるかもしれませんが、それは、えーっと、アレですよ。とりあえず、空気よめ^^;

で、まぁ、見た目で得られる恩恵ってのは日常的なちょっとしたサービスから、職業まで色々です。私なんかの場合は、肌が透けるように白いおかげで、仮病を見破られたことないですからね。もうなんていうか、薄幸の美少女を体現している。

それに、美人ってのは人に与える幸せも大きい。パンチラとブラチラとかね(*^_^*)
どっかの歩行者天国でパンツだしてる人とかいますけど、あの人は本当にわかってない。パンツの何が良いかって見えそうで見えない、見えないはずなのに、見えるっていう究極のチラリズm・・・・

で、パンチラがいいのは女子高生まで!!って思ってる私も、美人のパンチラにはドキっとする。美人には老いさえも超越する力がある。

ちまたでは、アンチエイジングなんて騒がれてて、30歳じゃない22歳だ!!って騒ぎたくなる気持ちも分かりますが、正直どっちにしろパンツだして歩いてたら痛い。パンツだして良いのはワカメ的な人だけ。
でも、杉本彩がパンツだして歩いてたら、せくしぃファッションかと思う。不思議だね。テヘ。

で、私、先日ちょっくら呑み会に行ってきたんですよ。私は二次会から参加したもんで、場についた頃には他の参加者は泥酔きわまりない状態で男女でしなだれかかってる。

そんな最中にシラフで投げいられる薄幸の美少女。いやぁん、たすけてぇ(*^3^*)
で、前の女性は狙っっているらしい男性が酔いつぶれる寸前。ココで押さなきゃ負けです。必殺、下から上目使い、大丈夫?作戦です。

こっっっここっっっっこえぇぇぇぇぇぇぇぇ!!

いや、うん。なんていうかね、目が細いんですよ。いや、別に目が細い美人はいっぱいいますけどね、そんなフォローを忘れてしまうほど、目つき悪いんですよ。たぶんご本人も酔っぱらってるから軽く目がすわってるんでしょうね。

斜め前に居座る私からすると、ヤンキー漫画も吃驚なガン付けですよ。思わず、財布差し出しそうになったし。

人生は、見た目九割。それは努力によって変えられる真実。でもね、私、思うんですよ。決して、身の丈に合わないカワイ子ぶりっ子をしてはいけないって。

人のふり見て我がふり直せを実感した、そんな春の一日。

拍手する
 お姉さん「もしもし、ウメコさんでしょうか?先日はアンケートにお答えいただきありがとうございます」

キャピキャピした声のお姉さんからの電話です。

ウ「いえいえ」

無難な返答。

お姉さん「アンケートにお答えいただいた方に耳よりなキャンペーンのお知らせなのですが」

あ、セールスはお断りヨ~(´∀`)

ウ「・・・はぁ、、そういうのは興味ないのでいいです」

毅然とした態度の私。好感がもてます。

お姉さん「いえ、まだ何もお伝えしていませんが。ウメコさんどうしたんですかウメコさん!!ウメコさん!!うめこjはhにえjぱs・・・」

ファビョーン!!狂ったように私の名前を呼ぶお姉さん。

ウメコ「あ、、あの・・・」

お姉さんの激変ぶりにオロオロ。

お姉さん「はい?」

優しいお姉さんに戻った(・∀・)

ウメコ「狂ったんですか・・・?」

うぉぉぉい!!何いってんだ私。

お姉さん「あぁ?」

ドスの聞いた声。

―がちゃん

恐怖のあまりガチャ切り。狂ったように鳴り続ける着信メロディ。

今まで優しかったお姉さんが壊れたレコードみたいに私の名前を呼ぶ恐怖は尋常ではありませんでした。あまりの動揺に満を持して登場したのが、「狂ったんですか」発言。むしろ怒らないほうが狂ってる。でも、セールスマンとしては失格。そのかわりしつこさは満点。毎日違った番号か電話してきます。しつこい女は嫌われるゾ☆

 なんで、こんな電話がかかってきているのかといいますと、先日、全く覇気がないお兄さんが話しかけてきたんですよ。どれくらい覇気がないかっていうと、めがね位覇気がない。お兄さんが本体なのか、めがねが本体なのかも分からないくらい覇気がない。あ、ちょっと今思ったんですけどめがね型寄生生物っていたら面白いですよね。

 めがねを外したときにあらわれるのは本来の性格で男勝り。ねがめん(めがね型寄生生物の名前)の性格は乙女チック。そんなギャップでモエモエ。

と、まぁつまんないこと言っててもしょうがないんですけど、その男性が死にそうな声でアンケートとってくるんですよ。
そんなものは無視るのがデフォです。ただ、道に迷いすぎて死にそうなときに駅まで道案内してくれたヒトを無視は出来ないじゃないですか。どれくらい死にかけていたかというと、私の体は作り物で、めがねが操縦してるんじゃないかってくらい死にかけてた。メガネが操縦してるとか笑えますよね。
まぁ、私はつまらないと思いますが。

話を戻しますが。お兄さんにはこれで借りが出来たわけです。
困ったときは助け合い。お兄さんのアンケートにも快く答えます。

そんな義理と人情が否定される現代社会。おかしいったらありゃしない。私の優しさに満ちた携帯番号は業者に売られていったようです。ドナドナ歌いそうになったし。
こんな義理人情を欠いた世界、江戸っ子が聞いたら確実に泣く。なさけなくて泣く。江戸っ子じゃなくても、泣く。携帯なりすぎて怖くて泣く。

 やっぱり東京は怖い。
私のような田舎の純真乙女は、東京はつらいです。

皆さんに警告しておきますけど、めがねをかけてる人物は基本的に疑え!!ねがめん(めがね型寄生生物の名前)に操られてる!!

信じるかどうかはもちろんあなた様の自由です。

ただ私なら、そんな思想を持つヒトがいたら私は確実に避けて歩くと思う。
拍手する
 日本では、近年出生率の低下が問題視されていますが、世界の人口は、およそ一分に140人増えていると言われています。そうすると、一日に増える人口は、140×60×24で201600人、一年では201600×365=73584000と約7350万人にものぼります。

地球上には一体何人住むことが出来るのでしょうか。
皆さんは、レミングという北欧のネズミをご存じですか。彼らは、集団で海や川、谷に飛び込み自殺をします。それは、何故?人生を儚んで?はたまた、死の世界にあこがれて?いいえ、違います。彼らは"増えすぎた個体"を調整するために自らを殺すのです。
元来自然界には個を調整できる生物などいるのでしょうか。"エサ"が増えれば食べ尽くすかのように増え続ける個体。そうしていつか食べ尽くしてしまったら、自らも滅び去る。そうした流れの中では、個体よりも種を存続することを選んだレミングを賢い生物なのかもしれません。
さて、もう一度問います。地球上には一体何人住むことが出来るのでしょうか。飽和後に待ち受ける世界とはどんな世界なのでしょうか。

でね、本当に人って多いじゃないですか。都心なんかに出ますと、人の海。祭りでもないのによく集まったものです。

ちょっと話変わるんですけど、私、ショーン・ビーンっていう俳優さんの大ファンでしてね、好きすぎて困っちゃう感じなんですよ。で、毎日この俳優さんについて仲間と大いに語り合いたいじゃないですか。だから、友人連中に毎日のようにカレの画像だのプロフィールをメールで送りつけていたら、ある日宛先不明で返ってくるという悲しい出来事がありまいた。これじゃぁいけないと、奮起一番ちょっとインターネットの海に飛び出して友達を捜したんですよ。
そしたらまぁ、これが実にうまくいき歳も近くショーン・ビーン大好きな女性と知り合えたんですよ。
で、それからはもうメールの嵐ですよ。狂ったように繰り広げられるメールは台風やハリケーンが家を壊すかのように、憧れタイフーンと化し私たちの壁を取り去っていきました。

ところでショーン・ビーン氏は、Sean Beanというスペルでして、ファンの間ではbeanにちなんで豆氏と呼ばれたりするんですよ。

そんなある日私に届いたメール

「今日さぁ、スーパー行ったら豆乳が売ってた。豆!!乳!!!エロくない?」

ごめん。そこまで妄想できない。こうして私達の爽やかなメールのやりとりは終わりを迎えました。

六十六億人いれば六十六億通りの考え方がある。それらを否定することはできない。なぜなら、私たちが種ではなく個を尊重するヒトだから。ただ、今も思う。私はあのとき大事な一線か友達かを選ばされたのだと。

先日、久しぶりにその女性のサイトにいったら男同士のカラミが氾濫してましたからね。モラルとかあったもんじゃなかった。彼女に問いたい。あなたは、あなたがカラませている男性のお子さんがあなたのサイトをみてショックを受ける可能性を考えたことがないのですか?と。
あ、あと、今でも豆乳に見るたびに萌えるんすか^^;?

 私たちがもう少しお互いの事を考えることができたなら、少し、ほんの少しかもしれないけれど地球に住める人数が増えるのではないでしょうか。
拍手する
 私は、高校一年生。クラスの軽そうな男の子が気になっちゃう。でも・・・でもね、私は、地味な女の子。私なんかつり合わないって事はわかってるの(涙
 今日は、買い物をしに街にでる私。雑貨屋には、お化粧品が並んでる。一つを手に取る。ドキドキ。これをつけたら、カレの周りにいる女の子みたいにかわいくなれるかな(はぁと
――うそ!!!似合わない!!!こんな、、やっぱり、私なんて・・・
「口紅、はみ出してる」
すっと口の端に触れる指の感触にビックリして目を見開くと、そこにはカレが・・・。
「こんなに真っ赤な色のじゃなくてこっちの桜色の方が似合うとおもうよ。どう?」
カレが私の唇に口紅をすべらせる。
「ほらね。・・店員さんこれお願いします。あと、こっちは包装して」
お金を渡そうとする私にカレは
「彼女の分買うついでだから」って微笑みながら言うの。
こんなことされたら、期待しちゃうよ~~~(////)

・・・・・・違う!!これ、私の妄想じゃないですから!!絶対違う!!!
私の妄想だったら、とりあえず私はモデルとして登場します。
「あぁ、なんて美しいんだ」と、のたまうタケシ。あ、現実とほとんどかわらないや。テヘ。

 と、まぁ上記の文は、中学だか、高校だかの時友人に借りて読んだ漫画のワンシーンなんですが、なぜか私の心をつかんで離さない。っていうか、この漫画のラストを知りたいので漫画タイトルに心当たりがあったら教えてください。
 なんていうか、ツッコミどころ満載なんですか、とりあえずこのカレはヨーロッパ紳士かなにかなんでしょうか?このカクテルをカウウンターの女性へみたいなコトするなよ。15歳だろ、お前。

 ところで、今の時期になると、新しい環境に期待を持ち始める方も多いんじゃないですか?小学生はもうすぐ中学生に、中学生は高校生に、と、新しい環境は新しい自分デビューにはもってこいです。と、まぁ胸を膨らませるのもいいんですが、人間期待しすぎるとそれが裏切られたときのショックが大きいですからね、あんまり期待しすぎないように上記の文を現実的に書き直したいと思います。

 私は、高校一年生。クラスの軽そうな男の子が気になっちゃう。でも・・・でもね、私は、地味な女の子。私なんかつり合わないって事はわかってるの(涙
 今日は、買い物に街にでる私。雑貨屋には、お化粧品が並んでる。一つを手に取る。ドキドキ。これをつけたら、カレの周りにいる女の子みたいにかわいくなれるかな(はぁと
――うそ!!!似合わない!!!こんな、、やっぱり、私なんて・・・
すっと肩に触れる指の感触にビックリして目を見開くと、そこには・・・。
「お客様、そちらはテスターではなく、商品なのですが」
「え、、ご、ごめんなさい。気がつかなくて。」
「買い取りになりますが、よろしいですか?」
「あ、、はい。あのごめんなさい。いくらですか?」
「そちらは、3800円になります。ご自宅用で?」
「え、、2000円しかない。ごめんなさい。家にお金とりに行ってきます」
「・・・はぁ。そういうの困るんですよね~。なにか荷物お預かりしてよろしいですか?」
「はい。ごめんなさい」
そんな様子をクラスの子に見られて変な陰口が聞こえてきちゃう。早く、みんなわすれてよぉぉぉ(涙

と、まぁこんなもんですね。
高校生なり立ての財布状況なんて、2000円も入ってれば上出来です。また、背伸びとして口紅に手を出すあたりが、お洒落にうとい事が表れています。お母さんの口紅使っちゃう幼稚園児みたいな感じで。でも3800円の口紅は背伸びしすぎです。きっと、若い子向けの安価なブランドを知らず、家出見たことのあるパッケージの物に手を出してしまったんでしょう。

 このような事が実際に起こらない用に皆さん気をつけましょう。「事実は小説より奇なり」とはよく言った物ですが、事実は恋愛漫画よりは奇ではないようです。人生そんなに甘くありません。

 私は皆さんが、妄想に踊らされずに堅実な人生を過ごしてくれるよう祈る限りであります。
拍手する
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
ウメコ
年齢:
30
性別:
女性
誕生日:
1986/11/22
ブログ内検索
最新コメント
[05/31 Ν]
[07/25 七不思議]
[07/21 y]
[05/30 七不思議]
[05/25 七不思議]
感想などお気軽に
カウンター
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © ウネウネ321 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]